ブログ
家づくりを始める前のお悩み

余裕を持った家づくりを!家が建つまでの期間を考える

余裕を持った家づくりを!家が建つまでの期間を考えるのイメージ

家づくりの質問で特に多いのが、

「どれくらい期間が掛かりますか?」

といった質問です。

建物本体工事だけで言えば平均で4ヶ月半ほどなのですが、工事が始められるまでに必要なプロセスとして、

・間取りプラン
・見積もり
・契約
・確認申請

など、様々あります。

今回はそんなプロセスを踏まえて、家づくりを考える上でどれくらいの期間がかかるのかをご説明していきますね。

■間取りやデザインを決める期間はとても重要

建物本体の工事期間は工法によって様々です。

簡単なパネル工法だと3、4ヶ月で建つ場合もありますし、木造の在来工法などになってくると、お家の大きさなどにもよりますが、最低でも4ヶ月〜半年以上かかることが多いのではないでしょうか。

しかし冒頭でもお伝えしましたが、建物を建てる前にやらなくてはならない事がたくさんあります。

間取りプランを決めて、見積もりから契約、確認申請という「建物を建てますよ」というのを申請して許可が下りないと、建築工事に入ることはできません。

その4つが終わるのに最低でも4ヶ月から4ヶ月半くらいですかね。

中でも間取りやデザインなどの仕様を決める期間はとても大切です。

私たちはその部分で最低でも半年、長ければ1年取っていただいても良いと考えています。

かなり大きな金額が動く買い物ですし、設備などを色々調べていくと様々な情報が出てきます。

それを実際に見に行って体感した上で決めることで、家を建てた後の納得感が全然違ってくると思います。

■納得した家づくりをするために

ムクヤホームでは、お施主様と初めて会ってからお引き渡しまで1年という場合が多いですね。

お施主様にとって一生に1度の買い物になるかもしれませんので、しっかり納得していただける家づくりをしなければなりませんし、それをするためには時間がある程度かかります。

もちろん家づくりを始めるにはタイミングもあるかと思いますが、そう言った部分を逆算して計画を立てていくと、納得した家づくりを実現できるのではないでしょうか。

 

資料請求
お問合せ