ムクヤホームは東京都内を中心に子育て世代を応援する住宅を提供しています。

窓の性能は、サッシとガラスの二つによって決まる?

たい子さん、こんにちは。
今日は前回の続き、窓のお話です。

こんにちは!窓の性能をどうやって上げるか?というお話ですよね!

その通り!窓の性能は、サッシとガラスの二つによって変わります。

今日は、サッシのお話をしていきましょう。

前回のあらすじ

断熱性能を上げるためには、サッシとガラス2つの部分に分けて考える

サッシの種類は大きく分けて4種類

・アルミサッシ
・アルミ樹脂複合サッシ
・樹脂サッシ
・木製サッシ

アルミが一番性能が低くて、木製が一番性能が高いが、木製が一番価格が高く、アルミが一番価格が安い


前回のあらすじ

断熱性能を上げるためには、サッシとガラス2つの部分に分けて考える

サッシの種類は大きく分けて4種類
・アルミサッシ
・アルミ樹脂複合サッシ
・樹脂サッシ
・木製サッシ

アルミが一番性能が低くて、木製が一番性能が高いが、木製が一番価格が高く、アルミが一番価格が安い

 
サッシの種類 その②

 

サッシの種類は大きく分けて4つあることをお話しました。

樹脂ってどんなものなんですか?

樹脂は別名・塩化ビニール樹脂とも呼ばれています。
私たちが日常の中でよく使うもの、例えばフライパンの取っ手などにもよく使用されている素材です。

「樹脂サッシ」とは、その樹脂をフレームとして利用している窓のことです。

ほうほう、なるほど!

ここ最近では、結露の原因になるアルミサッシを使う家は減り、アルミ樹脂複合サッシを使う家が多く見られます。

アルミ樹脂複合サッシ・・・アルミと樹脂を半分ずつ使ったサッシ?

まさにその通り。室外側には耐久性に優れたアルミを使い、室内側に熱が伝わりにくい樹脂を使ったサッシのことです。

お互いのいいとこ取りなサッシなんですね!

樹脂サッシや木製サッシになると、枠がすべて熱を通しにくい樹脂や木で出来ているサッシになるので、窓の性能はもっと高くなります。

このように、窓によって家の断熱性能が大きく左右されるので、やっぱりアルミサッシを使うよりも少なくともアルミ樹脂複合サッシを使っていきたいところですね。

私はやっぱり木のサッシに憧れるなぁ~!

木製サッシはオシャレだし性能も良くて良いですよね。

 

わぁ、ステキ!

ただやはり、性能が良くて見た目もいいサッシは当然価格が上がります。

ガーン!

基本的には断熱性能と同じで、アルミサッシが一番安く、木製サッシが一番高くなりますよ。

良いものは当然高いんですね・・・

ちなみにムクヤホームでは、アルミ樹脂複合サッシを採用しています。 

では、今回はサッシの性能をお話してきましたので、次回はガラスの性能のお話をしますよ!

楽しみにしています!

TEL 03-3920-2349

カテゴリー
家づくりを始める前のお悩み

お金のお悩み

仕様・設備のお悩み

インテリアのお悩み

間取りのお悩み

まずは資料請求から!

しつこい営業はしません。ご安心下さい。

●失敗しない資金計画の作り方
●この本を読んでから建てよう
●土地選びで失敗しない3つの法則
●欲しい土地を安く手に入れる方法
●家づくりのはじめ方
●家づくりを成功させる7つの秘密

プラン見積もり・無料相談

いつまでも悩んでいるならご相談下さい。
家づくりに関するすべてのご相談に応じます。

○家賃分の返済で計画していたけど、それで大丈夫かな?
○資金計画ってどうやって立てるの?
○自分たちの「家づくりの総予算」は、いくらなんだろう?
○ローンについてもっと知りたい
○土地を先に探しているけど、良い土地の基準が分からない
○建売でも良いかなと考えているけど?
○見積書を作って欲しい
○何から始めたら良いのか分からない
など、どんな悩みでもご相談下さい。


PAGETOP PAGETOP
Copyright © 練馬区の工務店「ムクヤホーム」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.