ムクヤホームは東京都内を中心に子育て世代を応援する住宅を提供しています。

無垢屋の想い

  • HOME »
  • 無垢屋の想い

日々の生活の中で、私たちが唯一安らげる「家」のことを、建築家は「作品」と呼び、不動産業者は「物件」と呼び、ハウスメーカーは「商品」と呼ぶ。
私たちは、ご家族みんなが笑顔で暮らせる「住まい」を建てたい!
健康的で温もりのある「木の家」に住んでもらいたい!
私たちは、いつもそう願っています。

私たちは自然の恵みを大切にした家を造ります。


ムクヤホームでは桧の無垢材を家の中の一番重要な土台と柱に使用することにこだわっています。今、日本で造られている大半の住宅の寿命は26年そこそこです。これほどまでに短命なのは土台や柱に適した材木を使っていないからだと考えられます。短命の家だと35年のローンを払い終わらないうちに、家がだめになってしまいます。実際、わたしが建て替え工事をしている多くの住宅の築年数も短い家では20年、よくて30年です。

その大きな原因の1つが土台や柱などの構造材にあります。高温多湿な日本の気候、風土に不向きな建材を構造材に使っているからです。特に近年、集成材という木片を接着剤で張り合わせただけの材木が使われはじめ、はく離の危険性や、耐久性、防蟻性には大きな疑問となっています。

集成材とは、強度は確かにあるかもしれないが、湿気やシロアリに対して強い材木で作られているわけではありません。湿気が多いと木は腐り、シロアリが繁殖し、土台や柱をボロボロにしてしまいます。新築時にいくら耐久性を高めてみても肝心の骨組みとなる構造材がボロボロになってしまった家が、大地震に襲われたらどうなるでしょか?
家族の安全は誰が守ってくれるのでしょうか?
日本には湿気やシロアリにきわめて強い自然の力をもった逸材があります。
それが、桧(ひのき)です。
京都や奈良にある神社や仏閣は、ほとんどこの桧材で造られているため、数百年の年月が経過した今でもその姿を変えることはありません。見えるところだけをお洒落にデザインした住宅に惑わされず「安心、安全な家。末永く住める家」を今こそ手に入れるべきではないでしょうか!

ムクヤホームでは木材本来が持つ生命力を生かし、すべての土台と柱には、湿気に強く、耐久性や防蟻性に優れている桧(ひのき)の無垢材を使用しています。 また防蟻処理として、人の体にも猛毒となる薬剤は一切使用せず、天然ヒバ油を塗布することによって、「シックハウス症候群」などのアレルギーから人々をまもる家をつくります。
さらに、たとえ利益が出るとわかっていても、B級品などの安価な建材、住む人の健康に少しでも害を与えるような建築資材は一切使用していません。

もう一度ご家族で考え直してみませんか?
家づくりで大切なことを・・・。

国産桧を使って、住む人の安心と健康を考えた家。

桧を使った身体にやさしい家

すべての土台と柱に桧(ひのき)の無垢材を使います。構造材としての桧の特徴は、湿気やシロアリに極めて強く、しかも腐りにくいという性質を持っています。そして、その強度は、杉材の1.5倍にもなると言われており、古来より木造建築の一番大事な土台や柱に多く使われてきました。
最近では、内装材にも桧が使われる事も多くなり、そのリラクゼーション効果に期待が寄せられています。
現代社会はストレス社会とも言われ、子供が直ぐ「きれる」という状態になりやすいのも、無機質な家の中で生活している事に原因があるのかもしれません。
小さい時から、無垢のフローリングと桧の板を張った温かみのある部屋で暮らしていると、毎日のストレスも自然と癒され、穏やかな性格の子に育つのでは・・・。
桧の持つ自然の力、リラクゼーション効果は意外と無視できないかもしれません。

「無垢材」は天然のエアーコンディショニング効果があります


ムクヤホームがお届けする自然素材の中でも無垢の木には、とても優れた特徴が多数あります。中でも天然のエアーコンディショニング効果は見逃せません。
自然素材は呼吸しています。だから夏は除湿、冬は加湿といった驚きの性能で室内を快適に導きます。日本家屋のよさを現代の技術で取り入れているのです。

また、同様に無垢材を使うことで部屋の中は、その調湿効果で結露しらずと嬉しい効果も期待できるのです。

この自然の良質素材である無垢を私たちは大切にしております。
木が持つ独特のあたたかみのある室内は心を落ち着かせ、居心地の良さは抜群です。また、本物の素材だからこそ、時が経つほど味がでる自然ならではの特徴があります。

また、自然の木を使って家を建てるからこそ、「シックハウス症候群」「アレルギー」になってしまうという心配はまったくありません。
体にやさしい家なのです。

桧の木のすばらしさ


日本は古くから木造住宅が建てられてきました。

それは「木」は調湿性能や断熱性に優れ、軽くて強く、錆びないという特徴を持っているからです。
その「木」の中で最も良質な桧は、カンナをかけると平滑で艶のある表面が得られ、柱や梁などの構造材から天井や内部造作材、障子などの建具に至るまで幅広く用いられてきました。

一般の木材は、年が経つにつれて劣化し、強度が弱くなっていきます。しかし、桧は老化に対する抵抗が特に大きく、例えば新材ではケヤキの方が桧の2倍も強いのに老化の速度が早いので、やがて桧より弱くなってしまいます。
法隆寺や正倉院のような古建築が今なお荘厳な姿を保持しているのは、建築材料である桧の優秀性によるものです。

その優秀な桧をつかってムクヤホームは家をつくっています。

TEL 03-3920-2349

まずは資料請求から!

しつこい営業はしません。ご安心下さい。

●失敗しない資金計画の作り方
●この本を読んでから建てよう
●土地選びで失敗しない3つの法則
●欲しい土地を安く手に入れる方法
●家づくりのはじめ方
●家づくりを成功させる7つの秘密
●子供を元気に育てる100のヒント

プラン見積もり・無料相談

いつまでも悩んでいるならご相談下さい。
家づくりに関するすべてのご相談に応じます。

○家賃分の返済で計画していたけど、それで大丈夫かな?
○資金計画ってどうやって立てるの?
○自分たちの「家づくりの総予算」は、いくらなんだろう?
○ローンについてもっと知りたい
○土地を先に探しているけど、良い土地の基準が分からない
○建売でも良いかなと考えているけど?
○見積書を作って欲しい
○何から始めたら良いのか分からない
など、どんな悩みでもご相談下さい。

PAGETOP PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.